キャリアとプランの選び方で節約できる

今ではdocomo・au・SoftBankの国内三大キャリアがiPhoneの取り扱いをしています。それによって今まで利用していたキャリアをそのままにiPhoneに買い換える事ができるようになりました。キャリア縛りがなくなったことでiPhoneに買い換えようと検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが維持費ですよね。同じ契約するならやはり安く利用できるところがいいと考えるのが普通でしょう。各キャリアそれぞれ色々なサービスを提供しています。そこでパケット定額を利用した時に一番安い維持費はどこの会社はどこなのか?調査してみたので参考にしてみてください。

ドコモのiPhone維持費

「Xiパケホーダイ for iPhone」基本的なプラン
タイプXiにねん:802円/月(二年契約)
spモード:324円/月
Xiパケホーダイ for iPhone:5,616円/月
ユニバーサル料金:3円/月
合計:6,745円/月

auのiPhone維持費

LTEプラン:1,008円/月(二年契約)
LTENET:324円/月
LTEフラット:5,616円/月(スマートバリュー適用時:6,156円/月
ユニバーサル料金:3円/月
合計:6,951円/月

ソフトバンクのiPhone維持費

ホワイトプラン(i):1,008円/月(二年契約)
S!ベーシックパック:324円/月
パケットし放題フラット for 4G LTE:5,616円/月(スマホBB割適用時:6,156円/月
ユニバーサル料金:3円/月
合計:6,951円/月

維持費比較した結果

各キャリアには値引きやオプションも用意されています。それらを適用させて中で各キャリアの最安値が以下になります。

ドコモ

MNP:5,943円?/月
学割新規契約:5,943円?/月
学割機種変更:5,943円?/月

au

スマートバリュー MNP:4,961円?/月
スマートバリュー 学割新規契約:4,961円?/月

ソフトバンク

スマホBB割 MNP:4,966円?/月
スマホBB割 学割新規契約:4,966円?/月

パケット定額だけ見た時は一番最安値だったドコモですが、契約形態やプランの豊富さはauとソフトバンクが多いため、最終的な結果はauが一番最安値となりました。ドコモと比べると約1,000円程料金に差がでてしまいましたね。長年ドコモを愛用していた方でキャリア変更に抵抗がなければ思い切って別キャリアに乗り換えるのもいいかもしれません。

auやSoftBankは固定通信サービス割引施策を実施しているので全体的な料金が安くなるのが特徴的です。一方ドコモは以前から比較的割高なイメージがあります。ただ、iPhoneに関しては色々と改良策が見えて、他のキャリアと約1,000円の差がでましたが、昔に比べたらそこまで大きな差がでないようになったのかもしれません。

ポケットWiFiでパケット代節約

他にもパケット通信料を節約する方法はあります。それは、パケット定額をせずにポケットWiFiを契約する方法です。ポケットWiFiだと2年契約という縛りがありますが、月額4,000円以下という安さで利用できます。WiMAXであればiPhone速度制限もないため、iPhoneで動画をよく見るという人はWiMAXのほうが安上がりになるでしょう。